コォヒィの文学小話

都内大学に通う国文学生が、自身の読書の記録を中心に、「本」に関する話題を書いています。

大切なのは今日なのだ!(チャールズ・ブコウスキー)

本日8月16日はアメリカの詩人、作家チャールズ・ブコウスキーの命日です。

 

基本的にこのブログでは日本の作家を取り上げていますが(私が国文学生なので)、私もたまには海外文学も読みます。シェイクスピアチェーホフなんかは大好きですし、エドガー・アラン・ポーも大抵読みました(これは江戸川乱歩関連)。そのほか諸々……。

 

ポーと言えば、どこで読んだか覚えていませんが、アメリカの文学者で優れているのはポーのみであると書いている本(というより人物)がありました。

確かにブコウスキーの作品は文学ではないかもしれません……というより、ブコウスキーの作品はそのような観点から見るべきではない、と思います(笑)。

 

ただただ読んで、作品のインパクトに、ブコウスキーという人間の凄まじさにぶちのめされて欲しい、というのが一ファンの感想です。

 

さて、ブコウスキーといえば何といっても有名なのは酒に関するエピソード。「ブコウスキーの酔いどれ紀行」なんて題名の著作もあるくらい酒好きのブコウスキー、飲みすぎが原因で潰瘍になり、入院したこともあります。

 

ブコウスキーの酔いどれ紀行」でも彼はひたすら飲み続けています。周りの迷惑なんてお構いなし。「自分でこんな事まで書くのか?!」というほど破天荒な内容で、正直素面でなんて読んでいられません。この本を読むときは負けじとこちらも酒を呷りましょう。

 

ただし飲みすぎにはご注意。酩酊したら本が読めませんし、ブコウスキーのように潰瘍を患って入院でもしたら大変ですから(笑)

 

 

さて、ブコウスキーの死後に発表された作品「死をポケットに入れて」は、晩年の彼の日記です。

ここでも彼は自己に忠実に生きている。ダンディというにはエキセントリックにすぎますし、近くにいられたら大迷惑。だけど男としては、どこか惚れてしまう魅力が武功Sキーにはあります。

その「死をポケットに入れて」に、次の一節があります。

 

行動と挑戦の中にこそ、栄光はあるのだ。死などどうだっていい。大切なのは今日、今日、今日なのだ。

 

どうすればいいかわからず、立ち止まり悩むこともあります。面倒になって放り出す時も。しかし、そんな時はブコウスキーのこの言葉を思い出して、自分に発破をかけています。

 

深読みし過ぎだと、ブコウスキーには笑われそうですが(笑)

夏目漱石と野球の苦い関係

今週のお題高校野球

 

今年も例年通り高校野球が開幕しました。

気になる試合としましては、私は東京生まれ東京育ちなので、やはり東京の高校は気になります。今年の東京代表は二松学舎大学付属高校です。昨日行われた秋田代表の明桜高校との試合は14対2と快勝しました。

 

www.hb-nippon.com

 

次の試合は8月17日、相手は香川代表三本松高校です。

私はうどんが大好きなので香川代表も応援したい気持ちはありますが……こればっかりは仕方がない。東京の方を応援させて頂きます(笑)。

 

とりあえず、香川に負けるな!という気持ちを込めて、今日の昼食は讃岐うどんを食べようかと思います(そういえば、東京の讃岐うどん店はどちらを応援するのでしょうか)

 

さて、二松學舍大学といえば夏目漱石に縁のある大学として有名です。

www.nishogakusha-u.ac.jp

 

当時の二松学舎大学は漢学塾だったそうです。

漱石は留学経験が有名で、西洋との関連は広く知られているかと思いますが、実は漢学をはじめ、東洋の学問にも精通していました。

 

例えば、これは思想というより文体ですが、「虞美人草」は漢語をふんだんに使用した美文体で書かれています(私はあまり好きな文章ではありませんが)

 

そんな漱石ですが、実は野球には苦い思いをさせられていたようです。

なんでも人数合わせで呼ばれた野球の試合の際に、急所にボールが……(笑)

 

serai.jp

 

そのことが書いてある上述の記事では、漱石の野球観戦の話も書かれています。

この随筆(「断片」の一節)は岩波版「漱石全集」で読むことができますが(ちくま文庫版には入っていないはずです)、全集を一巻だけ買うというのも何だか奇妙な感じですよね(笑)

 

他には「日本の名随筆 野球」にも収録されています。こちらは漱石以外にも、坂口安吾井伏鱒二小林秀雄宮沢賢治などの野球に関する文章を読むことができます。

 

高校野球のおともに、いかがでしょうか?

 

日本の名随筆 (別巻73) 野球

日本の名随筆 (別巻73) 野球

 

 

串揚げとビールで一杯なんて……(本谷有希子「異類婚姻譚」)

私は単純に味が好きではないので、今までは基本的にビールは飲みませんでした。

 

しかし、最近では変わり種ビールや世界のビールがスーパーで簡単に手に入るようになったので、物は試しと色々飲んでみています。

すると、中には美味しいものもあったりして、案外ビールも捨てたものではない……という気持ちに。

 

f:id:hontocooffee:20170812183344j:image

 例えばこれはメロン風味のビールです。

 

とは言え私の好みに合うビールは値段が高いものばかりで気軽に買えるものでもないので、やはりまだしばらくは、大好きな梅酒とハイボールに落ち着きそうです(笑)

 

ビールやハイボールのおつまみの定番といえば、枝豆、唐揚げ、焼き鳥、刺身など。

私だったら餃子が第一番に来ますが(週に三回は餃子を食べてま)、串揚げもまた外せないかと思います。

 

もともと串揚げは関西の食べ物のイメージですが、最近では串揚げチェーンが増加し、東京など他の地域でも手軽に食べれるようになりました。

 

例えば私が行ったことあるのは「串家物語」という所です(串揚げの店なのに、何故か今抹茶フェアをやっているようです)

kushi-ya.com

 

串揚げはまだ食べたことがないという方でも、串カツなら食べた事があるのではないかなと思います。

揚げたての串カツとビール(ハイボール)の組み合わせ、これはもはや最強でしょう。

昔は串カツの中に入っている玉葱が嫌で嫌で(笑)、中の豚肉だけ食べようと試行錯誤した思い出もあります。

 

芥川賞を受賞した本谷有希子の「異類婚姻譚」の〈夫〉はある日突然料理に目ざめますが、その料理というのが串揚げです。

 

 「揚げたてがいちばん美味しいから」

そう言われ、大皿に積み上げられた揚げものに、おそるおそる箸を伸ばす。少し不格好だが、衣はしっかりキツネ色だ。部屋中に充満していた匂いと音に食欲を刺激されていた私は、きれいに揚がったその衣に塩をつけ、口の中に放り込んだ。

美味い。中まで火が通っていなかったらとおっかなびっくりだったが具材の食感も絶妙で、噛むとサクサクと小気味よい音がする。

 

ここで主人公の〈私〉が飲んでいるのはハイボールとビールです(ただ、主人公はビール派らしい)。ですのでこの場面、呑兵衛にはたまらないものがあります(笑)

 

作中、夫は初めて串揚げを作った夜を〈あげものナイト〉と呼んでいました。

本日は蒸し暑く、身体もダレ気味ですが、〈あげものナイト〉を開催し、英気を養おうかと思います(笑)。

 

「揚げる」本 ([バラエティ])

「揚げる」本 ([バラエティ])

 

 〈あげものナイト〉のおトモに、この本なんていかがでしょう?

パクチーも大分日本に馴染みましたね(柚木麻子「ナイルパーチの女子会」)

8月9日はパクチーの日です。由来は語呂合わせで、制定したのは日本パクチー協会だそうです(そんな協会があったとは)

 

さて、日本、特に東京は世界の料理を非常に高いレベルで食べることができると評判だそうです。

 

昨日チャイについて書きましたが、インド料理店も非常に多いです。

hontocoffee117.hatenablog.com

 

ところで、インド料理店とネパール料理店を混同してしまうの私だけでしょうか?(笑)。

と言うより、インド料理とネパール料理の両方を出している店が多い印象です。

 

例えば、私の好きな食べ物にモモとサモサがあります。前者はネパールの蒸し餃子のようなもので、スパイスの風味があり、モチモチとした食感で非常に美味しいです。後者はインドの揚げ物で、具材は基本的にスパイスを効かせたマッシュポテトなどが入っています。

そして、この二つの料理をどちらも提供している店が非常に多いんです。

 

allabout.co.jp

 

www.ntv.co.jp

 

インドやネパールはスパイスを効かせた独特の風味のある料理が非常に多いです。

このほかにタイ料理やベトナム料理などを加えて、総じてエスニック料理と言いますが、近年日本ではこのエスニック料理が大ブームとなっています。

 

このエスニック料理を語る上で欠かせない食材の一つが、今日が記念日のパクチーです。その独特の風味は「カメムシの匂い」「石鹸の匂い」と言われることもあるくらいで、嫌いな人は本当にダメ。

なんと遺伝子が関係しているという説もあります。

 

tocana.jp

 

山本周五郎賞を受賞した柚木麻子「ナイルパーチの女子会」には、サッポロ一番をアレンジした「ベトナムサッポロ一番、汁なし麺」が出てきます。ここにもしっかりパクチーが入っています。

 

賢介の声とパクチーの香りで、暗い思考の沼から引き上げられた。

「なに怖い顔してるんだよ~。はい。ベトナムサッポロ一番、汁なし麺!」

ごとり、とテーブルに置かれたどんぶりを見下ろす。白い麺が大好きなパクチーで彩られていた。突き動かされるように、箸を取る。

「今、店でベトナムフェアやってるからさ。流行ってるんだ、スタッフの間でこの食べ方」

「賢ちゃん、ほんと、天才だよ」

均一な味わいの麺はするすると胃に入っていく。ライム、ナンプラー、おろしにんにく、胡麻、トムヤムパウダー、コーン、桜エビ、黒胡椒の分量がいずれも丁度良い。酸味と辛味のバランスが体い染み渡るように美味し感じる。

 

なかなか美味しそうですし、真似したくなりますが、ナンプラーやトムヤムパウダーを買っても中々減らなそうですし、ちょっと手が出しづらい気持ちもあります(笑)

 

ナイルパーチの女子会

ナイルパーチの女子会

 

 

 

そういえば、チャイってあまり飲めませんよね(木皿泉「昨夜のカレー、明日のパン」)

実は私はチャイが大好きでして、週に一度は飲まないと禁断症状が……(笑)

 

さて、もしかしたら「チャイって何?」という方がいらっしゃるかもしれませんので、チャイについて少し説明しようかと思います。

 

狭義には、インド式に甘く煮出したミルクティーを指す。世界的には、茶葉に香辛料を加えたマサーラー・チャイを指す。なお、ロシア語、ペルシア語、トルコ語でも茶を「チャイ」という。

(「チャイ」-Wikipediaより)

 

ここにあるように、インド式ミルクティーとマサーラー・チャイの二種類があります。私が好きなのは後者、つまり香辛料の効いたマサーラー・チャイの方です。

 

香辛料を使ったマサーラー・チャイもよく飲まれる。ショウガの他、カルダモン、シナモン、胡椒、クローブなどの粉末が使われることが多い。特に家庭では粒や粗い塊のまま使うこともあり、香辛料専用の金属製のすりばちで潰してから入れる。香辛料は茶葉と共に水の段階から入れて十分に煮出す。

(「チャイ」-Wikipediaより)

 

チャイには独特の風味があって非常に美味しいのですが、飲めるところって意外にないんですよね。マサーラー・チャイもインド発祥のものであるそうですから、インド料理屋か、品ぞろえの豊富なカフェなどにはあるかもしれませんが、私はお目にかかったことがありません。

 

その意味で非常に貴重なのがスターバックス(スタバ)でして、スタバには「チャイティーラテ」があり、ホット、アイスの二種類を一年中販売していますから、美味しいチャイを手軽に飲むことができます。

 

二〇一三年度山本周五郎賞の候補になり、二〇一四年の本屋大賞第二位となった木皿泉「昨夜のカレー、明日のパン」では、山登りの際、疲労回復のアイテムとして、チャイが出てきます。

 

休憩の場所に着くと、師匠は、リュックから小さな袋を出して、何かのタネのようなものを渡し、疲れたらこれをかじるといい、と言った。カレーなどに入っているカルダモンというスパイスの実で、それを噛むと元気が出るらしい。そして、ポットから、これまたスパイスの効いた甘いミルクティをすすめてくれた。これはチャイというものだと教えてくれた。名前は聞いたことはあるが、飲むのは初めてだった。

 

 チャイにはスパイスが豊富に含まれていますし、甘くて疲労回復にはピッタリですよね。そういえば私もチャイを飲む場面は、バイトの休憩などが多いように思われます。

 

それにしても、私はチャイは大好きなんですが、ミルクティー(というより、紅茶全般)は飲めないんですよね。

これを言うといつも不思議がられます。チャイとミルクティーって全くの別物だと思うんですが……(笑)

 

そういえば、今週のローソンの新商品にチャイ風味のロールケーキがありました。

 

entabe.jp

 

ローソンのロールケーキは優秀ですので、早速今日買ってたべようと画策しています(笑)

 

ふとAmazonを見ましたら、チャイティーの素ってあるんですね。地元のスーパー(いなげや西友)に売ってなかったので、知りませんでした(笑)

 

共栄製茶 森半 チャイの素 500g

共栄製茶 森半 チャイの素 500g

 

 

 

再びブラックジャックの食卓(ダイソーやキャンドゥでも手塚治虫グッズが……)

前回(八月六日)は「3COINS」で手塚治虫グッズを入手した記念に、ブラックジャックで印象的な食事を取り上げました。

hontocoffee117.hatenablog.com

 

例えば「オペの順番」では出所祝いのピノコの手作りカレー(日の丸国旗付)だったり、「銃創」では喫茶店で「カレーライスとコーヒー」と注文します。

 

ちなみに後者はお店ですからある程度味は保証されているとして、前者、つまりピノコの手作りカレーの味ですが……これはちょっと怪しい(笑)「腫瘍狩り」という作品で、ブラックジャックピノコの手作りカレーを食べた際、

 

「おまえったら」

「いつんなったらマトモなカレーライスがつくれるんだ?」

 

と泣きながらピノコに話していますから(笑)

 

ちなみに「報復」という話では、留置所にいれられた際の差し入れにカップヌードルボンカレーが届けられます。この時もカップヌードルについては何も言わず、「ボンカレーはどう作ってもうまいのだ」と話しており、ブラックジャックのカレー好き(?)が伺えます。

 

では作者の手塚治虫自身はカレーライスが好きだったのかと言うと、ちょっと分からない(笑)。まぁただでさえ締切に追われる漫画家で、しかも手塚治虫くらい大人気なら超多忙だったでしょうから、手軽に食べれるカレーライスは愛好していたかもしれません。

 

さて、ブラックジャックの食卓を考える上で重要になるのが、奥さん(?)であるピノコの存在です。しかし彼女の料理は少々エキセントリックで(笑)、前述のように涙が出るほど不味いカレーライスを作ったり、「ハッスル・ピノコ」で作った味噌汁にはソースを入れていたり、「ピノコ愛してる」ではパンを消し炭のように焦がしたり……(しかもこれがまた悪い顔しています(笑))

 

ただ、物語が進むにつれ料理の腕は上がったようです。

 

私がピノコの手料理で思い出すのが、「ピノコ還る」でピノコが作った巨大玉子焼きです。転んで卵を二パック分割ってしまったそれを一度に使い巨大な玉子焼きを作ります。

以下のサイトではこのピノコの玉子焼きを再現しています。

その愛、卵20個分!ピノコのデッカイたまご焼き 前編 | Bistro Animeshi

 

さて、二連続手塚治虫について取り上げたのには理由がありまして……。

実はあの後、「3CINS」以外に、「ダイソー」と「キャンドゥ」でも手塚治虫グッズが売っていることを知りまして。

 

matome.naver.jp

 

早速行って入手したところ、手塚治虫愛が再燃してしまったからなんですね(笑)

ダイソー」では筆箱とポーチを入手してきました(「ダイソー」は「鉄腕アトム」グッズのみ)。

 f:id:hontocooffee:20170807113638j:image

「キャンドゥ」も機会があれば行きたいと思います。

 

 

手塚治虫で食べ物といえば……(3COINSでグッズを買った記念に)

現代では文学研究も多様化しています。かつては近現代文学は文学の研究対象ではありませんでしたが、今では盛んにおこなわれています。

多様化の結果として、大学の講義でも映画論、ドラマ論、漫画論なんてものまでできています。

私個人としてはそれらの研究は大いに進められるべきであると思います。例えばドラマは視聴率が重要ですから、視聴者(小説なら読者)を小説よりも意識して作る必要があります。そしてドラマは文字媒体ではなく映像媒体です。これらから言えることは、小説よりも時代がはっきりとした形で見えてくるということです。

 

ドラマ論の研究書としては、これなどどうでしょうか?

中央大学で教鞭をとってらっしゃる宇佐美毅教授の著作です。宇佐美教授は村上春樹の研究者としても有名です。

テレビドラマを学問する (125ライブラリー)

テレビドラマを学問する (125ライブラリー)

 

 

しかし私は映画やドラマはあまり見ません(笑)

好きな小説の映像化の場合は一応チェックしますが、大体原作より格段につまらないので、今ではそれもしなくなりました(まだ大学生のくせに昔も今もあったもんじゃないですが)

 

しかし漫画は大好きで、今でも読みます。今でもというより、毎日のように読んでおります(笑)

 

初めて読んだ漫画と言えば、小学校の図書室にあった手塚治虫ブラックジャック」でした。私の世代であれば、初めて読んだ漫画って、大体「はだしのゲン」か「ブラックジャック」になるんじゃないでしょうか?

 

「学校で漫画が読める!」という喜びもありましたが(笑)、何より作品自体が面白く、蔵書にあった全十七巻を全て読んでしまいました。

その後古本屋に行くようになり、「鉄腕アトム」や「三つ目が通る」も読みましたが、「ブッダ」や「火の鳥」は挫折(笑)。ですので、私は手塚作品の良い読者とは言えません。

 

さて手塚作品の中で、私のイチオシは勿論「ブラックジャック」になりますが、主人公のブラックジャック間黒男)はあまり食べ物に執着がない様子。彼が食べるのは、いつもきまって「カレーライスとコーヒー」なんですね。また、手塚治虫は非常にユニークな絵で、私も大好きですが、お世辞にも美味しそうな料理を描いているとは言えません(笑)

 

しかし、不思議と印象に残っていますし、喫茶店に行った時も、何となく「カレーライスとコーヒー」を頼みたくなる(そして大抵後悔する訳です(笑))

 

ブラックジャックはともかく、作者の手塚治虫自身の食事情はどうだったかと言うと、実はグルメとして評判だったそうです。

公式サイトでは、食べ物のことだけでなく、手塚治虫に関する様々なことが知ることが出来ます。

 

虫ん坊 2016年04月号:手塚マンガあの日あの時 第45回:グルメな手塚マンガ、ア・ラ・カルト!! :TezukaOsamu.net(JP)

ブラックジャックとカレーライスのことは書いていない様子……(笑))

 

さて、何故突然手塚治虫を取り上げたかと言うと、実は現在「3COINS」各店で、手塚治虫作品とコラボしたグッズが販売しており、昨日入手しに行ったからです(笑)

 

news.mynavi.jp

 

私はスマホケースとマグカップを買いました。

 f:id:hontocooffee:20170806175443j:image

 

 f:id:hontocooffee:20170806175448j:image

おそらく期間限定ですし、品切れも懸念されますから、気になる方はお早めに!

 

 

Amazonにあった十七巻のセット本。ただ、小学校の時に読んだのはハードカバー版だったような……?