コォヒィの文学小話

都内大学に通う国文学生が、自身の読書の記録を中心に、「本」に関する話題を書いています。

詩人とサイダー(ラムネ)

長らくブログを更新できませんでした。実は私、先日まで教育実習に行っていたものでして……。

正直かなり大変でした(笑)が、本当に貴重な経験になりました。これから教育実習、もしくは来年に教育実習があるぞという方々に、そのことだけは保証できます。

 

さて、作家の中には一時期教職に就いていた、という人物が数多くいます。芥川龍之介中島敦が有名ですが、今話題の宮澤賢治もそのような作家の一人です。

(話題の原因である「宮澤賢治の食卓」は、WOWOWなので私は見ることはできませんが…)

www.wowow.co.jp

 

 ただ、これには原作漫画があるので、そちらは目を通してあります。魚乃目三太は「戦争めし」や「しあわせゴハン」など数多くの著作がありますが、素朴な絵の雰囲気が、実に賢治の印象とマッチしていますよ。

宮沢賢治の食卓 (思い出食堂コミックス)

宮沢賢治の食卓 (思い出食堂コミックス)

 

 

さて、賢治と食と言えば、例えば「永訣の朝」の「アイスクリーム」が有名でしょうが……ただ、これは「兜率の天の食」と改められてしまってるんですよね。個人的にはここは「アイスクリーム」であるほうが良いと思うのですが。

 

作品から離れて賢治自身の食としては、やはり「三ツ矢サイダーと天ぷらそば」が有名でしょう。賢治が愛した「やぶ屋」のホームページに、 宮沢賢治とやぶ屋 という記事があり、詳細を知ることが出来ます。

 

サイダーと言えば、近しいものにラムネがあります。と言うより、私はサイダーとラムネの違いが分からないのですが(笑)、このラムネについて、詩人萩原朔太郎が語っています。

 

ラムネといふもの、不思議になつかしく愉快なものだ。夏の氷屋などでは、板に丸い穴をあけて、そこに幾つとなく、ラムネを逆さにして立てて居る。それがいかにも、瓦斯のすさまじい爆音を感じさせる。僕の或る友人は、ラムネを食つて腹が張ったと言つた。あれはたしかに瓦斯で腹を充満させる。

だがこの頃、ラムネといふ物を久しく飲まない。僕の子供の時には、まだシャンパンサイダといふものがなく、主としてラムネを飲用した。この頃では、もうラムネが古風なものになり、俳句の風流な季題にさへもなつてしまつた。それで僕が上野に行くと、あの竹の臺の休み茶屋でラムネを飲む。それがいかにも、僕を田舎者らしく感じさせ、世間を離れた空の上で、旗のへんぽんたるものを感じさせる。僕はラムネを飲むと、ふしぎに故郷のことを聯想するから。

萩原朔太郎「ラムネ」

 

この朔太郎の文章からも分かる通り、朔太郎は賢治よりも早く生まれ、詩人として活躍していました。実は賢治は学生時代、友人から朔太郎の「月に吠える」を借りて読んでいたこともあるそうです。

 

私はラムネと聞くと、やはり夏祭りを連想します。そして食べるのは、天ぷらそばではなく焼きそばです。特に祭りの焼きそばは、別に美味しい訳でもないのに、時折無性に恋しくなる。朔太郎ではありませんが、この感情というのは、何だか愉快なものです(笑)

探偵の日に、探偵(作家)のおやつを

今週のお題「おやつ」

 

5月21日は探偵の日です。これは社団法人探偵協会により、探偵と言う職業をPRするために制定されました。制定の由来は、5月21日が、

 「日本国内で100%民間資本の日本人が、広く一般大衆に対し探偵調査を請け負う広告を実施した日」

明治24年(1891年)5月21日に当時の朝日新聞に帝國探明會という民間企業が詐欺師や盗人の所在を調べる。他人の行動調査を実施する。以上。との広告を広く市民に向けて出稿していた事実が判明した事によるものです。 

 であるからだそうです。しかし異説もあるようで、現在「情報収集検証中」とのこと。何とも探偵らしい回答です(笑)

 

ところで、探偵や刑事が容疑者を追跡する際の食事として有名なものにあんぱんと牛乳があります。「張り込みとあんぱん、牛乳」は、「取り調べとカツ丼」に並ぶくらいミステリグルメ(私の造語であります)の鉄板。しかし、これは何時から定着したイメージなんでしょうか?

「取り調べとカツ丼」の方は調べれば幾つか出て来るんですが、「あんぱんと牛乳」の方は栄養、手軽さなどが出て来るばかり。真相は謎に包まれています。社団法人探偵協会の方々には、是非この「謎」を突き止めて頂きたいと思われます(笑)

 

しかし、刑事や探偵は一般的に正義の味方(例外は多いですが、あくまで犯罪を暴き、犯人を突き止めるという意味)です。日本人が正義の味方とあんぱんの組み合わせで連想するのは、やはりアンパンマンでしょうか。

f:id:hontocooffee:20170521075432j:image

バンダイホームページより)

ちなみに、アンパンマンの中のあんこは粒あんだそうですよ。

 

あんぱんの中のあんこは和菓子に重宝されます。つまり日本のおやつに欠かせない食材。お汁粉、羊羹、饅頭などなど多種多様であります。

饅頭と言えば、森鷗外の饅頭茶漬けを想像します。以前食べてみましたが、意外と食べられる味でびっくりでした。

hontocoffee117.hatenablog.com

 

さて、鷗外の他に饅頭好きとして有名な作家に、日本が誇る探偵小説家江戸川乱歩がいます。ようやく「探偵(作家)のおやつ」という題名にたどり着きました(笑)

 

乱歩が愛した饅頭は、池袋にある三原堂の薯蕷饅頭であったそうです。生地に山芋を練り込んで蒸し上げた饅頭で、ふわふわした優しい食感で美味しいですよ。

 東京 池袋 三原堂【季節の和菓子・塩せんべい・甘味処のご紹介】

 

ちなみに、三原堂では乱歩にちなんで作られた乱歩の蔵というブッセも販売しています。味はチーズバターと杏ジャムで、美味しそうではあるのですが、乱歩との関連性はちょっと分からないです(笑)

 

手軽さで言えば、饅頭の方が小さいですから張り込みに向いているのでしょうか。しかし饅頭には、牛乳よりお茶の方が良いですかね。

 

張り込みはしませんが、折角なので今日の朝食は、あんぱんと牛乳にしてみました(笑)

f:id:hontocooffee:20170521075459j:image

村上春樹と最後の晩餐

お題「人生最後の日に食べたいご飯を教えて下さい。」

 

前回に続きまして、最後の晩餐ネタでいこうかと思います。

hontocoffee117.hatenablog.com

 最も前回は、あまり食べ物について触れていませんでした(笑)

ですので今回は、とある作家の最後の晩餐のメニューをご紹介しようかと思います。

 

現在生存している中で日本で最も有名な作家と言えば、やはり村上春樹になるかと思います。以前紹介しました通り、村上の作品にはサンドウィッチが頻出します。

 

hontocoffee117.hatenablog.com

 

村上のサンドウィッチ好きは有名ですね。もう一つ村上の食として有名なものとしては、スパゲッティが挙げられます。短篇小説として「スパゲティーの年に」というものまであります。電話の女に向けて、

 「悪いけど、今スパゲティーを茹でているところなんだ」

 と話す男。この場面、どこかで聞いたことあると言う方は多いんじゃないでしょうか(笑)『カンガルー日和』に収録されています。

 

カンガルー日和 (講談社文庫)

カンガルー日和 (講談社文庫)

 

 

 

サンドウィッチやスパゲッティー、このように村上の食というものは、どこかおしゃれな印象があります。それは作品にも言えることで、私の友人などはそれが嫌いだから村上の作品は読めないなどと言っていたりもします(笑)

 

そのような村上ですが、最後の晩餐に選ぶものはちょっと意外なものです。

例えば『村上朝日堂』(昭和六十二年)収録の「付録⑴ カレーライスの話」に、次のようにあります。

もう十年ほどまえになるけれど、ヨーロッパを転々と旅したことがあって、この時も例の禁断症状におそわれ、もしかしたら飛行機をエアー・インディアにすれば機内食にカレーライスがでるのではないかと思い、予約していたTWAの飛行機をキャンセルしてエアー・インディアのカウンターに冷汗でとびこんだことがあった。機内には確かにカレーライスはあったけれど、日本で食べていたものとはまったくちがった味をしており、なんか気持わるくなってきて薬と水をもらって眠ってしまった。

 

 ぼくにもしも最後の晩餐がゆるされるのだったら迷うことなく注文する。カレーライス、赤い西瓜ひと切れ、そして冷たい水をグラスで一杯。

 

 これは中々素晴らしい最後の晩餐だと思いませんか?

昨今ではインドなど諸外国のカレーが日本でも幅を利かせており、確かにそれも非常に美味しいのですが、やはり日本人が最後に行きつくのはカレー粉から作る日本的なカレーライス……だとおもいます(笑)

 

しかし、最近では食べたいもの変わった様子。2015年に公開されていた村上のウェブサイト「村上さんのところ」。この時村上は、企画として読者とのメールのやり取りをしていたのですが、ここで最後の晩餐に何を食べたいか聞かれた村上は、次の様に答えております。

僕は人生最後の食事には、やはり鍋焼きうどんが食べたいです。冬場はもちろん、夏でも頑張って鍋焼きうどん。店はどこでもいいです。ぜいたくは言いません。「増田屋」でもかまいません(ごめんね、増田屋)。

増田屋はチェーン店ではありませんが、暖簾分け形式で、日本各地に店があります。つまり村上が言いたいのは、「特に店の格式などに拘りはない。鍋焼きうどんさえ食べれれば」ということなんでしょうね。

 

村上は中々ユニークかつユーモアのある人で、「村上さんのところ」で返信した」メールの内容は、中々粒ぞろい(笑)。本にもなっています。

 

カレーライスと鍋焼きうどんで思い出されるのは、何といってもやはりカレーうどん。昨日今日と何だかじめじめしておりますので、こういう時にはズズッ!と食べたくなります(笑)

 

最後の晩餐(文学における”人肉嗜食”)

お題「人生最後の日に食べたいご飯を教えて下さい。」

 

まだ若僧なもので、最後の晩餐に何を食べたいかなど決めることは難しいですが(笑)、そうですね……最後の晩餐の一つとして、肉じゃがは絶対欲しいです。

この時の肉は絶対に”豚肉”であって欲しい。最後の晩餐なんですから、わがままを言わせてください(笑)。とは言え、普通肉じゃがの肉と言えば”豚肉”ですかね?

 

最後の晩餐に何を食べるか、月並みな言葉になりますが、百人いれば百種類の解答がある問題だと思います。肉で話を繋げれば、ビーフステーキや豚カツを最後の晩餐に……何て方は、多いんじゃないでしょうか?

 

さて、開高健には、その名もズバリ『最後の晩餐』という本があります。

 

最後の晩餐 (光文社文庫)

最後の晩餐 (光文社文庫)

 

 

数々の美食の話が語られるこの本は最後”人肉嗜食”の話で締め括られます。武田泰淳ひかりごけ」や江戸川乱歩「闇に蠢く」に描かれる倫理上最大級の禁忌であって、ある意味正しく”最後の晩餐”な訳ですが……流石に遠慮したい(笑)

 

しかし、人類の好奇心と科学技術の進歩とは凄まじいもので。

 

gigazine.net

 

このような検証までなされています。うーむ……(笑)

 

今日ではこのように、科学的に味を探求出来ますが、このようなことは、勿論昔は出来なかったもの。江戸川乱歩に「今一つの世界」という言葉があります。現実の世界と全く異なるもう一つの世界、”人肉嗜食”は私たちが生きる現実の世界では禁忌でありますから、想像する他ないものでした。そのような未知なるものへの興味が、人を”人肉嗜食”へと誘うこともあったのでしょう。スタンリイ・エリン『特別料理』、そして米澤穂信儚い羊たちの祝宴』の”アルミスタン羊”などはその好例でしょうか。

 

食に関して話題の尽きない谷崎潤一郎も「美食倶楽部」で”高麗女肉”という料理を描いております。これの正体は美女が身体に纏った天ぷらの衣を食べるというものですが、この名前は明らかに”人肉嗜食”のイメージを人々に喚起させますね。

 

通常文学における”人肉嗜食”として思われるのは、やはり極限状態の末やむなく……と言ったものでしょうか。これは恐らく武田「ひかりごけ」や大岡正平「野火」のイメージでしょう。

 

一方で、乱歩の「闇に蠢く」における”人肉嗜食”は、武田や大岡における”人肉嗜食”が見られると同時に、愛する人との同化として”人肉嗜食”が描かれております。”食べてしまいたいくらいに愛している”という言葉がありますが、”人肉嗜食”を究極の愛情表現として描いている訳です。

 

私には”人肉嗜食”への興味はないですが、人類上究極の問題の一つであり、つまり文学的にも究極の問題たりえるものですから、これを扱った作品には名作が多い。

 筑摩書房からアンソロジーまで出ております。

猟奇文学館〈3〉人肉嗜食 (ちくま文庫)

猟奇文学館〈3〉人肉嗜食 (ちくま文庫)

 

 どうやらこのアンソロジーは有名どころは外している様子、有名なのは村山槐多の作品くらいでしょうか。

しかしまぁ筑摩書房、正確に言えばちくま文庫は、相変わらず面白いテーマで刊行しているものですね(笑)

別れのアイスクリーム

5月9日はアイスクリームの日。グリコホームページに拠れば、制定理由は次の様にあります。

 

東京アイスクリーム協会(日本アイスクリーム協会の前身)では、アイスクリームの一層の消費拡大を願って、東京オリンピック開催年の昭和39年(1964年)に、アイスクリームのシーズンインとなる連休明けの5月9日に記念事業を開催し、あわせて諸施設へのアイスクリームのプレゼントをしました。

以降、毎年5月9日を「アイスクリームの日」として、この日を中心に各地区で各種イべントと施設へのアイスクリームのプレゼントを実施しています。

 

www.glico.co.jp

 

例えばサーティーワンでは、アイスクリームの日を記念して、”時間限定”でアイスクリーム100円セールをするそうです。”時間限定”という言葉、私初めて聞きました(笑)

www.31ice.co.jp

 

サーティーワンはちょっと贅沢なアイスクリームといったところでしょうか。ハーゲンダッツなんかもそうですかね。

 

アイスクリームの特徴は、何よりも冷たいことです。夏にアイスが食べたくなるのも、当然それが理由でしょう。そのようなアイスクリームは、しばし”雪”に例えられることあります。

 

現在でも多大な人気を誇る詩人、作家の宮沢賢治、彼には「永訣の朝」という有名な詩があります。この詩に次のような一節がありました。

 

おまへがたべるこのふたわんのゆきに
わたくしはいまこころからいのる
どうかこれが天上のアイスクリームになって
おまへとみんなとに聖い資糧をもたらすやうに
わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ

 

「ありました」と言ったのは、賢治はこの「天上のアイスクリーム」という言葉を、後に「兜卒の天の食」に変更しているからなんですね。

賢治がどのような思考で変更したのかは分かりませんが、個人的には、ここは「天上のアイスクリーム」の方が良かったのではないかと思います(まぁ私はそこまで賢治に関心がないので、調査や解釈を行おうという気持ちはないのですが……(笑))

 

さて、賢治の評価を世間に広めた人物の一人に、詩人の草野心平がおります。

以前紹介しましたように、この人も中々の美食家。 

 

hontocoffee117.hatenablog.com

 

その草野にも、賢治の「永訣の朝」に近い内容の詩があります。「アイスクリーム」という詩です。

雪まじりの霙がマントにかかり。

灼泥の銀座のビジャビジャ道を歩きながら。

――急になだれる死の気配。

おれはあした魔法罎にアイスクリームをぎっしりつめて出発する。

天平よ生きていて待て。

最後のたべものにならないための改めての最初のたべものを死なずにいて待て。

 

うん、まぁここは、賢治に軍配……と、言ったところでしょうか(笑)ちょっと散文的過ぎですね。

 

作家や詩人、アイスクリームのエピソードは、何だか死の香りが漂いがちなような気がします(笑)

例えば夏目漱石、彼が甘党であったことは最早ちょっと読書が好きな日本人ならば誰でも知っている?かと思われるくらい有名な話ですが、実はと言いますか、漱石は大のアイスクリーム好き。病床でもアイスクリームを幾度となく求めていたそうすが、なんと自宅にアイスクリーム製造機まで持っていたそうです。

実は、有名な「こころ」にもそれが出て来ています。

 

奥さんは下女を呼んで食卓を片付けさせた後へ、改めてアイスクリームと水菓子を運ばせた。

「是は宅で拵えたのよ」

 

漱石と親交の深かった俳人正岡子規。病が小康状態の時に訪れた高浜虚子の家で食べたアイスクリームに感激し、次のような俳句を詠んだそうです。

 

一匙(ひとさじ)のアイスクリームや蘇る

 ちなみに、これは日本で初めてアイスクリームについて詠まれた俳句だそうですよ(笑)。それにしても「蘇る」ですか。上手いなぁ……

 

沖縄詩人曰く「ゴーヤ(れいし)チャンプルーは格別!」

キッコーマンHPより)

 

5月8日はゴーヤの日です。ダイエーの「食の歳時記」に拠れば、語呂合わせが一つ、そして5月からゴーヤの出荷量が増えることが、ゴーヤの日の制定理由であるそうです。

www.daiei.co.jp

 

今日は突然夏の様な暑さになりましたが、こういう日にこそ苦みのあるゴーヤは食べたくなります。ゴーヤで有名な土地と言えば九州、特に沖縄ですが、沖縄は日本でも特に暑い土地です。

 

沖縄出身の詩人に山之口獏がいます。以前は彼の”味噌汁愛”を紹介しました。

hontocoffee117.hatenablog.com

この味噌汁へのこだわりからも見えてくるように、彼は中々食に対する関心が強い。また、彼は故郷の沖縄を題材に多くの優れた詩を発表しております。

ですから、当然沖縄の食べ物として有名なゴーヤについても書いております。

 

 チャンプルーは、その材料が日常の手近にあるものばかりであり、作り方も非常に簡単で、その場で誰にでも出来るもので、単純素朴のあっさりとした味がよいのである。
 これは、豚の油を、野菜いためにする程度の量を鍋にたらし、それが焼けたころ、豆腐を適当の大きさに千切って入れ、もやしを入れていっしょにいため、塩で味つけするだけのことである。ねぎやにらの場合は寸位に切るか、あるいは、こまかくきざむ。ぼくの好みから云えば、れいしのチャンプルーの味は格別で、あのほろにがい味は忘れ難い。

 

山之口獏「チャンプルー」

 

ゴーヤと言えばチャンプルーですよね(笑)。チャンプルーにも種類はさまざま(例えばソーミン・チャンプルーでしょうか。私はうえやまとちクッキングパパ」で知り、作って食べたら非常に美味しかったです)ですが、ゴーヤ・チャンプルーほど有名なチャンプルーは他にないかと。

山之口も絶賛してます(笑)

 

ただ、流石沖縄詩人。勿論チャンプルーだけではなく、他の食べ方も紹介してくれています。

 れいしは、あちらこちらの家でも、わざわざ棚をかいてつくっていたが、ぼくの家でも、毎年夏になると、父がれいしの棚をつくって、そこにぶらさがったのをもぎっては、チャンプルーにしたものである。沖縄では、赤くなったれいしは食べない。青いうちに、チャンプルーにして食べるか、あるいはうすくきざんで、砂糖をきかせた酢の物にして食べる。

 

山之口獏「チャンプルー」

今日みたいな暑い日には、むしろゴーヤの酢の物をさっぱり頂く……なんて方が、良いかもしれませんね。

 

セブンイレブンをはじめ、意外にコンビニの食べ物が好きなのですが、何故かコンビニでもゴーヤ・チャンプルーが売られていて、しかもそこそこ美味しい(笑)。重宝しております。

 

 

山之口「チャンプルー」は青空文庫にあります。宜しければどうぞ。

山之口貘 チャンプルー

 

クッキングパパ」、そういえば主人公の息子のまこと君、沖縄の大学に入学しましたね。沖縄料理が沢山知ることが出来、中々勉強になっております(笑)

実は小学生の時から愛読していまして、初めて読んだ漫画も「クッキングパパ」だったと記憶しております。コンビニのペーパーブックだったでしょうか。懐かしいなぁ。

 

最新刊は140巻だそうです。もしかすると、「こち亀」を越えるかも……?

 

クッキングパパ(140) (モーニング KC)

クッキングパパ(140) (モーニング KC)

 

 

 

粉もんって美味しい!

5月7日はコナモンの日コナモンはつまり粉もので、お好み焼きやたこ焼きなどのことを言います。

 

「粉モノ歴史館」に拠れば、粉もののルーツはまず奈良時代に遡り、庶民食として親しまれるようになったのは江戸時代からであったそうです。

そして粉ものの代表格と言えばお好み焼きですが、お好み焼きのルーツは江戸時代、なんとあの千利休が”利休百回記”というお茶会で出したお茶菓子が由来だそうです。

www.okonomiyaki.to

 

ちなみに「粉モノ歴史館」では、大阪では戦前からお好み焼きが親しまれていたと書かれております。当然広島は?という疑問が浮かびましたので調べましたら、広島はどうやら戦後らしい。こうして見ると伝統的な意味では大阪に軍配が上がりそうですが……まぁどうでも良い話(笑)

美味しければ、良いですよね。

www.ifsa.jp

 

ちなみに京風お好み焼きというのもあるそうですよ。

 

東京の浅草に「染太郎」というお好み焼きがあります。数々の著名人に愛された伝統のある店で、店内には沢山のサインが飾られております。

その中でも特に「染太郎」に関係の深い作家と言えば、浅草文士が一人高見順でしょうか。高見の小説「如何なる星の下に」に、次のような場面があります。

 

私は火鉢の火が戀しく成つた。「さうだ。お好み焼屋へ行かう」

本願寺の裏手の、軒並藝人の家だらけの田島町の一區劃にのなかに、私の行きつけのお好み焼屋があるそこへ、私は出かけて行つた。(略)惚太郎といふ藝名をそのまま屋號にして「風流お好み焼―惚太郎」と書いてある玄関の硝子戸を開くと、狭い三和土にさまざまのあまり上等でない下駄が足の踏み立てば場のない位につまつていた。

「こりゃ大變な客ぢやわい」

辟易してゐると、なかから、「――どうぞ」と細君が言ひ、その聲と一緒に、ヘットの臭ひと、ソースの焦げついた臭ひが、さういつたお好み焼屋特有の臭ひを孕んだ暖かい空氣が、何やら騒然とした、客の混雑といふのとはちょつと違つた氣配をも運んで、私の鼻さきに流れて来た。

 

ここで描かれているのは、お好み焼きの味ではなく「染太郎」という空間なんですよね。そして実に巧い。

ソースの香りって他に代えがたい趣がありますよね。そして粉ものと、ソースとは切っても切れない関係にあると思います……うん、お腹が空いてきました(笑)

 

最近では冷凍食品のお好み焼きが非常に美味しくなりましたが、特にセブンイレブンのものは別格です。海鮮入りで200円ほとコストパフォーマンスにも優れております。

今からでも、晩飯、晩酌にいかがでしょうか?(笑)

 

f:id:hontocooffee:20170507191625j:image

セブンイレブンではないですが、お好み焼きを食べてます。