コォヒィの文学小話

都内大学に通う国文学生が、自身の読書の記録を中心に、「本」に関する話題を書いています。

文学

9月納豆は何よりありがたい

九月になりましたが、本日も最高気温が28度で、まだまだ夏の暑さは続いていきそうです。 しかし待ちに待った食欲の秋到来で、毎日毎日ほくほくしております(笑)。 夏バテで食欲をなくす体質でないこと、これが、私が親に一番感謝していることです(半分…

護身用のウイスキー

開高健はサントリーの前身である壽屋の社員で、柳原良平とタッグを組んでトリスウイスキーの売り上げに大きく貢献しました。 開高、柳原が生み出したものの中でも、特に、 『人間』らしく やりたいナ トリスを飲んで 『人間』らしく やりたいナ 『人間』なん…

とろろ昆布で熊を倒す

昨日8月29日はゲリラ豪雨に悩まされた一日でした。 昨日の雨と関係あるのかは知りませんが、現在台風15号が日本に接近しているそうです。 www3.nhk.or.jp 台風と言えば、繰り返しになりますがコロッケです(笑)。もう今年何度食べたか分かりませんが、「…

ギョーザのような月

椎名誠に「ギョーザのような月が出た」という随筆があります。記事の名前はその引用です。 一般的な餃子の形はおそらく半円をちょっとつぶしたくらいで、言うなれば、太った三日月という感じでしょうか(笑) しかし、近年は餃子が多様化しており、味はもち…

大切なのは今日なのだ!(チャールズ・ブコウスキー)

本日8月16日はアメリカの詩人、作家チャールズ・ブコウスキーの命日です。 基本的にこのブログでは日本の作家を取り上げていますが(私が国文学生なので)、私もたまには海外文学も読みます。シェイクスピアやチェーホフなんかは大好きですし、エドガー・…

夏目漱石と野球の苦い関係

今週のお題「高校野球」 今年も例年通り高校野球が開幕しました。 気になる試合としましては、私は東京生まれ東京育ちなので、やはり東京の高校は気になります。今年の東京代表は二松学舎大学付属高校です。昨日行われた秋田代表の明桜高校との試合は14対2と…

串揚げとビールで一杯なんて……(本谷有希子「異類婚姻譚」)

私は単純に味が好きではないので、今までは基本的にビールは飲みませんでした。 しかし、最近では変わり種ビールや世界のビールがスーパーで簡単に手に入るようになったので、物は試しと色々飲んでみています。 すると、中には美味しいものもあったりして、…

手塚治虫で食べ物といえば……(3COINSでグッズを買った記念に)

現代では文学研究も多様化しています。かつては近現代文学は文学の研究対象ではありませんでしたが、今では盛んにおこなわれています。 多様化の結果として、大学の講義でも映画論、ドラマ論、漫画論なんてものまでできています。 私個人としてはそれらの研…

芥川賞受賞作、沼田真佑「影裏」評

先日行われた第157回芥川賞・直木賞の選考において、沼田真佑「影裏」が芥川賞を受賞しました。 芥川賞受賞作は「文藝春秋」に全文掲載されるのが通例ですから、それまでまとうかとも思ったのですが、その「文藝春秋」がちっとも出やしない(笑) ですので、…

女性よりもチョコレートアイスはいかが?(安岡章太郎、開高健)

今週のお題「好きなアイス」 昨日、今日ととても涼しく過ごしやすい天候です。毎日これならば今年の夏はとても快適に過ごせる……と期待しますが、そう上手くもいかないようで、明日は二十八度に上がる上に雨のおまけつき(笑) しかし気温が上がることも悪い…

カストリ焼酎飲む?飲まない?

世間の漠然としたイメージとして、作家、特に文豪は私生活に問題があるというイメージがあるのではないでしょうか。このような悪評判の筆頭といえばやはり太宰治でしょうか。 しかし、この太宰をいじめにいじめた人物がいます(笑) 「汚れっちまった悲しみ…

毎月の11日は……

7月11日はセブンイレブンの日です。巷で話題となっております……ってまぁ言うまでもないですかね(笑) 元々セブンイレブンの営業時間は午前七時から午後11時まででした。これがそのまま店名の由来となっている訳です。これもまた有名ですかね? ここから話を…

森鷗外とビール

本日はフランツ・カフカの誕生日です。ドイツ文学の代表的な作家ですが、実は現在のチェコに生まれております。 ちなみに生年である一八八三年の二月二十日は、作家志賀直哉の誕生年でもあります。志賀には「釜揚げうどん」という随筆がありますが、そういえ…

文庫に関するあれこれ

本日は獅子文六の誕生日です。獅子文六といえば大衆文学界の大御所というべき存在です。全集もしっかり刊行されております。 獅子で近年話題になった作品と言えば、やはり「コーヒーと恋愛」でしょうか。三島由紀夫「命売ります」が話題になったちくま文庫で…

文学×教育=豆腐?

奇妙奇天烈なタイトルを付けさせて頂きました(笑) 前記事にあるように、私は先日教育実習に行ってきました。 hontocoffee117.hatenablog.com この中で、作家の多くも教職についていたことがあると書きましたが、実は芥川賞受賞者に一人、その生涯の殆どを…

詩人とサイダー(ラムネ)

長らくブログを更新できませんでした。実は私、先日まで教育実習に行っていたものでして……。 正直かなり大変でした(笑)が、本当に貴重な経験になりました。これから教育実習、もしくは来年に教育実習があるぞという方々に、そのことだけは保証できます。 …

村上春樹と最後の晩餐

お題「人生最後の日に食べたいご飯を教えて下さい。」 前回に続きまして、最後の晩餐ネタでいこうかと思います。 hontocoffee117.hatenablog.com 最も前回は、あまり食べ物について触れていませんでした(笑) ですので今回は、とある作家の最後の晩餐のメニ…

最後の晩餐(文学における”人肉嗜食”)

お題「人生最後の日に食べたいご飯を教えて下さい。」 まだ若僧なもので、最後の晩餐に何を食べたいかなど決めることは難しいですが(笑)、そうですね……最後の晩餐の一つとして、肉じゃがは絶対欲しいです。 この時の肉は絶対に”豚肉”であって欲しい。最後…

別れのアイスクリーム

5月9日はアイスクリームの日。グリコホームページに拠れば、制定理由は次の様にあります。 東京アイスクリーム協会(日本アイスクリーム協会の前身)では、アイスクリームの一層の消費拡大を願って、東京オリンピック開催年の昭和39年(1964年)に、アイス…

沖縄詩人曰く「ゴーヤ(れいし)チャンプルーは格別!」

(キッコーマンHPより) 5月8日はゴーヤの日です。ダイエーの「食の歳時記」に拠れば、語呂合わせが一つ、そして5月からゴーヤの出荷量が増えることが、ゴーヤの日の制定理由であるそうです。 www.daiei.co.jp 今日は突然夏の様な暑さになりましたが、…

林檎酒を飲ませてやろうか(太宰治、梶井基次郎の酒)

太宰治に「津軽」という作品があることは有名です。簡単に言えば「津軽風土記」とでも言える作品で、作中の描写は、太宰の眼を通した津軽の様々な面が描かれております。 この「津軽」のごく最初の方に、次の様な場面が出て来ます。 「リンゴ酒でなくちやい…

夏目漱石門下はカステラが大好き?

相変わらずブログの更新が覚束ないです(笑) 一か月以上のご無沙汰になってしまいました。何とかしたいものです……。 さて、本日四月二十日は、内田百閒の命日です。これは通称「木蓮忌」と言いまして、百閒の「木蓮や塀の外吹く俄風」という句に由来します…

作家と天ぷら①ふやけた衣のうまさ……

約1週間ぶりの更新となってしまいました。最近少々ばたばたしておりまして、出来る限り2,3日に一度は更新を、とは思っているのですが(笑) さて、3月23日は、日本を代表する食通、北大路魯山人の誕生日です。その他、「天才と狂人の間」で直木賞を受…

文学者とサンドイッチ

本日3月13日は”サンドイッチの日”です。これは、”3”に”1”が挟まれていることから制定されたそうです。 ちなみに、日本にはもう一日”サンドウィッチの日”がありまして、それは11月3日です。こちらはサンドイッチチェーン店「神戸サンド屋」(神戸屋と関係は…

カレーと作家たち⑤愛のカレーライス(阿川弘之「カレーライスの唄」)

カレーと作家たち④はこちらです。 hontocoffee117.hatenablog.com 毎週金曜日はカレーの日です。 最近は他に話題がありましたので更新出来ていませんでしたので、久しぶりの「カレーと作家たち」となります。 さて、そもそも何故金曜日がカレーの日なのかと…

安部公房と食

昨日三月七日は安部公房の誕生日でした。同日誕生日の作家には、「普賢」や「焼跡のイエス」、「紫雲物語」などで有名な石川淳、夏目漱石門下の小宮豊隆、「猫は知っていた」で女流推理作家の先駆け的存在となった仁木悦子などもおります。 安部の作品、正直…

中島敦と食①と、おすすめの文学漫画

二〇一三年から連載が始まった朝霧カフカ、春河35による「文豪ストレイドッグス」が火付け役となり、現在は”文豪ブーム”のようなものが来ていると感じられます。最近話題のもので言えば、DMMのオンラインゲーム「文豪とアルケミスト」でしょうか。 「文豪…

鎌倉の食べ物と文学①江戸川乱歩

本日は三月三日、桃の節句でございますが、まぁ、男性である私には、直接には縁のない行事です(笑) 強いて言うなら、昔から何故だか”雛あられ”が好きでして、三月三日は勿論、今でも時々購入して食べております。 素朴な美味しさと言いますか。それに、”雛…

作家とビスケット~夏目漱石を軸として~

本日二月二十八日はビスケットの日です。 これは、全国ビスケット協会により制定されました。一八五四年に水戸藩の萩信之助から依頼を受けた長崎在住の水戸藩士柴田方庵によって、一八五五年二月二十八日に日本初のビスケットの製法を書いた文書が、水戸藩に…

寒い日には、やはりラーメンでしょう(米澤穂信「激辛大盛」「箱の中の欠落」)

ここしばらく過ごしやすい天候が続いていましたが、今日は急に寒くなりました。野暮用で、隣町まで自転車で向かったのですが、危うく凍え死ぬかと思いました(笑) 私は極度の寒がりでして(そして極度の暑がりなのです)、寒い日は暖房を効かせた屋内に引き…