コォヒィの文学小話

都内大学に通う国文学生が、自身の読書の記録を中心に、「本」に関する話題を書いています。

旅行

大切なのは今日なのだ!(チャールズ・ブコウスキー)

本日8月16日はアメリカの詩人、作家チャールズ・ブコウスキーの命日です。 基本的にこのブログでは日本の作家を取り上げていますが(私が国文学生なので)、私もたまには海外文学も読みます。シェイクスピアやチェーホフなんかは大好きですし、エドガー・…

芥川賞受賞作、沼田真佑「影裏」評

先日行われた第157回芥川賞・直木賞の選考において、沼田真佑「影裏」が芥川賞を受賞しました。 芥川賞受賞作は「文藝春秋」に全文掲載されるのが通例ですから、それまでまとうかとも思ったのですが、その「文藝春秋」がちっとも出やしない(笑) ですので、…

林檎酒を飲ませてやろうか(太宰治、梶井基次郎の酒)

太宰治に「津軽」という作品があることは有名です。簡単に言えば「津軽風土記」とでも言える作品で、作中の描写は、太宰の眼を通した津軽の様々な面が描かれております。 この「津軽」のごく最初の方に、次の様な場面が出て来ます。 「リンゴ酒でなくちやい…

鎌倉の食べ物と文学①江戸川乱歩

本日は三月三日、桃の節句でございますが、まぁ、男性である私には、直接には縁のない行事です(笑) 強いて言うなら、昔から何故だか”雛あられ”が好きでして、三月三日は勿論、今でも時々購入して食べております。 素朴な美味しさと言いますか。それに、”雛…