コォヒィの文学小話

都内大学に通う国文学生が、自身の読書の記録を中心に、「本」に関する話題を書いています。

カストリ焼酎飲む?飲まない?

世間の漠然としたイメージとして、作家、特に文豪は私生活に問題があるというイメージがあるのではないでしょうか。このような悪評判の筆頭といえばやはり太宰治でしょうか。

 

しかし、この太宰をいじめにいじめた人物がいます(笑)

「汚れっちまった悲しみに」や「サーカス」で有名な詩人中原中也がそうでして、中原の酒癖の悪さは大変有名でした。太宰をいじめていた話は有名(しかし、太宰は中原を尊敬していたため、いじめられても中原の所へ行っていたそう)ですが、もっと凄いのが、文芸評論家として有名な中村光夫をビール瓶で殴りつけたという話。もはや傷害罪の域です。

 

それにしても太宰って、調べれば調べるほどマゾ男だなぁと思うのは私だけですかね?(笑)

 

さて、太宰は戦前、戦中、戦後と人気がありますが、特に戦後は織田作之助坂口安吾柴田錬三郎らとともに無頼派として認知されており、一層名を高めました。

この中で安吾が、ユニークな会を催していました。「カストリを飲む会」というものです。

 

カストリとはカストリ焼酎のことで、簡単にいってしまえば焼酎の粗悪品みたいなもの。戦後の物資不足の時期に爆発的に普及しました。その結果、カストリは粗悪品のイメージとイコールにもなりました(カストリ雑誌などがその例)。

 

安吾はこのカストリ焼酎を愛飲していたようで、「ちかごろの酒の話」や「太宰治情死考」に詳しく書いてあります。

ちなみに「太宰治情死考」によれば、太宰はカストリは飲まなかったようです。

 

坂口安吾 太宰治情死考

坂口安吾 ちかごろの酒の話

 

さて、太宰といえば破滅型私小説の作家として評価されていますが、この対極に位置するのが、調和型私小説の作家、つまり大きくいえば志賀直哉系列の私小説の作家です。その代表的作家の一人に尾崎一雄という作家がいます。私小説作家ではじめて芥川賞を受賞しており、そして、数少ない”面白い芥川賞作品”を書いている作家でもあります。

 

ちなみに受賞作は「暢気眼鏡」その他です。

暢気眼鏡・虫のいろいろ―他十三篇 (岩波文庫)

暢気眼鏡・虫のいろいろ―他十三篇 (岩波文庫)

 

 

この尾崎の作品に「カストリを飲まざるの辯」というものがあります。「山椒魚」で有名な井伏鱒二と酒を飲んだ際のエピソードを通し、戦後社会を生きる上での尾崎の姿勢が語られる作品です。『尾崎一雄全集』第三巻に収録されております。

 

カストリ焼酎どころか、私は焼酎自体苦手なのであまり飲まないのです、いつか飲んだ柚子焼酎は大変美味しかったのを覚えております。あれはどこのだったか……もう一度、飲んでみたいものです(笑)