コォヒィの文学小話

都内大学に通う国文学生が、自身の読書の記録を中心に、「本」に関する話題を書いています。

9月納豆は何よりありがたい

九月になりましたが、本日も最高気温が28度で、まだまだ夏の暑さは続いていきそうです。

しかし待ちに待った食欲の秋到来で、毎日毎日ほくほくしております(笑)。

夏バテで食欲をなくす体質でないこと、これが、私が親に一番感謝していることです(半分本気)。

 

さて、最近知ったのですが、このようなことわざがあるそうです。

 

「9月納豆は何よりありがたい」

(【ことわざからレシピ】9月納豆は何よりありがたい - サラダコスモ公式ブログ)

 

「9月に納豆?」と不思議に思いましたが、この時期(9月~11月)は大豆の旬で納豆も美味しくなり、また、納豆は栄養価が高いですから、繁忙期の農家のスタミナ源として重宝された……ということだそうです。

 

私も納豆は大好きで、一時期は毎日1パックは必ず食べており、親から「茨城県に引っ越せば?」などと言われたものです。

しかし、納豆=茨城県というのは我が親ながら貧困な発想であります(唐突なダメ出し)。納豆にも様々あり、例えばひきわり納豆の発祥は青森県津軽です。

 

青森で津軽と言えば、この土地出身の文豪太宰治も、納豆が大好きだったそうです。

作品でも、納豆に対する愛情が語られています。

 

二十三日。

「妻をののしる文。」

私が君を、どのように、いたわったか、君は識っているか。どのように、いたわったか。どのように、賢明にかばってやったか。お金を欲しがったのは、誰であったか。私は、筋子に味の素の雪きらきら降らせ、納豆に、青のり、と、からし、添えて在れば、他には何も不足なかった。

太宰治「HUMAN LOST」) 

 

納豆に青のりと言うのが面白いですね。

あ、「あおもり」だけに「あおのり」なんでしょうか?

 

…。

 

いやはや、暑さで頭がやられてしまっているようです。

 

それにしても、「HUMAN LOST」の主人公はさも良夫のように振る舞っていますが、「筋子に味の素が……」とあって、いまいち納得がいきません(笑)。当時は筋子は安かったのでしょうか?

 

他にも「おかずは?やはり納豆かね。」(太宰治火の鳥」)など、実は太宰の作品には何度も納豆が出てきています。 
 
秋と言えば秋刀魚の季節で、白米と、秋刀魚、納豆、味噌汁の定食などは定番ですが、秋を旬にする食材ばかりですから、もうこの時期のごちそうと言えそうです(笑)
 
秋刀魚と言えば、太宰と縁の深いあの文豪の好物ですが、それは次回に書くことにします。
 
 

 納豆に関する本でおすすめしたい本がこちら。

 

 

納豆の様に癖がありますが(笑)